構造の筋違です。

2014年1月24日

P1020434

屋内壁中に隠れてしまう筋違です。

45ミリ圧の木材を柱と梁に囲まれた長方形部分の対角線に設置することにより、その長方形が平行四辺形に崩れるのを防いでいます。

その対角線のコーナー部分には筋違金物を取り付け、そこでしっかり剛性を保っています。

それらの筋違は家全体にバランスよく配置されます。その配置や一つ一つの強度も、専門家の構造計算により決められます。

 

Copyright (C) 2014 Baba House Industry. All Rights Reserved.