社長の家づくりブログ

社長の家づくりブログ

家づくり 窓について その2

2014年6月8日

家づくりにおいて、どこにどのような窓を設置するのかはとても重要です。

窓はいろいろなことと関係しています。

まず、採光と通風。

これは窓の持つ最も大切な機能です。

窓の配置、種類によって居室への採光、通風は大きく変わってきます。

もう一つ窓の機能として加えられるのが眺望です。

眺望が望める部屋であれば、空間に広がりが出てきます。

また、木々の緑が期待できるのであれば、室内にその安らぎを伝えてくれます。

窓は外観の意匠としても重要です。

家をデザインする上で窓はアクセントとなり、種類や配置でその家の印象は大きく変わります。

一方で、窓の位置により屋内空間の利用を制限される事もあります。

採光や通風、デザインを重視しすぎると、屋内の使い勝手が悪くなってしまいます。

窓にはマイナス面もあります。

窓開口の大きさだけ、家の断熱性能は低くなってします。

そして、窓は家の強度も下げてしまします。

窓のある壁(柱/柱間)は構造上の耐力壁とはみなされません。

以上のようなのことを考慮しながら、バランスよく窓を配置することが大切なのです。

Copyright (C) 2014 Baba House Industry. All Rights Reserved.