社長の家づくりブログ

社長の家づくりブログ

輸入木材製品 値下がり

2014年5月31日

平成26年5月30日付の日本経済新聞に、輸入木材製品の卸売価格が下がっているとの記事がありました。

消費税増税を控えた年度末の駆け込み需要が一段落し木材の需要が減っています。

その下落幅は大きくなく、一年前と比較し約25%上昇したのだが前月比3%下落しただけです。

相変わらず高値が続いています。

輸入木材製品とはわかりにくいのですが、輸入品そのものではなく、輸入した木材を国内で加工した製品です。

輸入木材そのものの価格については、今や日本が主導権を握っているわけではなく、中国が木材輸入国として圧倒的なシェアを握っています。

この輸入木材製品の価格動向は国内の木材加工会社が国内での需給状況を見ながら価格決定しています。

住宅の着工戸数が年々減少しており、木材製品の価格維持は難しい状況です。

そんな中で、値上げできる機会にしっかりと価格を維持しましょうという思惑が見えるような価格の動きです。

 

Copyright (C) 2014 Baba House Industry. All Rights Reserved.