社長の家づくりブログ

社長の家づくりブログ

返済プラン 金利について その1

2014年5月20日

ほとんどのお客様が住宅購入にあたり、住宅ローンを利用されますが、その金利のタイプについて説明いたします。

金利のタイプには変動金利と固定金利があります。

変動金利の場合、金利は6か月ごとに見直されます。

固定金利の場合は選択した期間の金利が固定になります。固定期間が長ければ長いほど金利は高くなります。

それぞれの金利水準ですが、平成26年5月現在では変動金利の場合は0.875%前後です。

固定金利ですが、代表的な長期固定商品であフラット35(固定金利タイプA)の場合では1.95%前後です。

(お借入金利は、頭金の額や所得などにより若干差が出ます。)

3,000万円お借りれされた場合のそれぞれの返済額ですが、返済期間を35年とした場合

変動金利で82,949円、固定金利では98,610円となります。

その差は15,661円となり、決して小さいものではありません。

変動金利の金利が非常に低水準にあること、そしてフラット35を利用するには1割の頭金が必要となり、最近はフラット35を利用されるお客様の割合は非常に少なくなっています。

金利タイプの選択は、どこで家を建てるのか、どのような間取りにするのかを考えるのと同じぐらい頭を悩ませます。

Copyright (C) 2014 Baba House Industry. All Rights Reserved.